田七人参 白井田七(しらいでんしち)240粒

白井田七 田七人参
白井田七は、白井博隆さんが無農薬栽培で育てた
田七人参を使用した健康食品です


白井田七(しらいでんしち) 240粒(粒タイプ)


白井田七人参 240粒 ご注文はこちら

白井田七 240粒
内容量:60g(250mg×240粒)
品番:1582_ti




(但し沖縄県を除く)

代引手数料 無料


白井田七人参



*土日、祝日の出荷はお休み


白井田七 240粒(粒タイプ)/個  内容量:60g (250mg×240粒)
有機JAS認定

田七人参は高麗人参と同じ「ウコギ科」の多年生草本の植物です。
白井田七は、無農薬栽培で育てた田七人参(デンシチニンジン)を使用した健康食品です。


田七人参「白井田七」飲み方


1日4〜8粒を目安に水またはお湯でお召し上りください。

◆保存方法
直射日光、高温多湿を避け、冷暗所に常温で保存し、
開封後はしっかり 蓋をお締めください。

白井博隆氏が有機で栽培した田七人参を主原料としています




白井 博隆氏

 日本人の白井博隆氏が有機で栽培した田七人参を主原料としています。
2006年10月にIFOAM(国際有機農業運動連盟)の認証を取得し、2008年6月には有機JAS認証も取得しています。

田七人参は種まきから収穫に至る期間に最低でも3年を要します。
農業技術が確立されていない、ひと昔前までは、長期間栽培したものが良い田七人参であるとされてきましたが、有機栽培による自生の状態に近い育成環境によって3年の栽培期間においても十分な能力を示すことが出来ます。
また、大量生産、大量消費といった経済優先の栽培手法や理念ではなく、お飲みいただく方にとって一番良い田七人参を生産することを使命とし、無農薬、無化学肥料での安全、安心の栽培を行っております。
慣行栽培の場合、長期間に渡る栽培リスク回避のために 化学肥料と農薬の力を借りて栽培していますが、白井博隆氏の田七人参は自然の力で栽培した田七人参であり、品質と安全性を誇ります。

   
 有機栽培の田七人参 田七人参



みなさまに安全である事をお伝えするために、IFOAM認証を取得するとともに、
日本の有機JAS認定証も取得しております。

●堆肥などによる土作りを行い、播種・植付け前2年以上及び栽培中に、
原則として化学肥料及び農薬は使用しないこと。
●遺伝子組換え種苗は使用しない事。


白井田七原材料

原材料

有機田七人参:98% / 有機玄米:2%

摂取方法

1日当たり4〜8粒を目安に、お飲物と一緒にお召し上がり下さい。
1日の摂取目安量を守って下さい。

標準栄養成分表

4粒中(標準1000mg)当たり(日本食品分析センター調べ)
田七サポニン0.09g、エネルギー 4kcal タンパク質 0.08g、脂質 0.01g、炭水化物 0.84g、ナトリウム 0.04mg

保存方法

直射日光、高温多湿を避け、冷暗所に常温で保管し、開封後はしっかり蓋をお締めいただき保存して下さい。

賞味期限

2年間


白井田七栄養成分表: 4粒(1gあたり)


エネルギー

4Kcal

たんぱく質

0.08g

脂質

0.01g

炭水化物

0.84g

ナトリウム

0.04mg


その他の成分:4粒(1gあたり)

田七サポニン

0.09g





「白井田七」は無農薬栽培で国際有機認証取得

生産者である白井博隆さんは1995年に単身で中国に渡り田七人参の完全無農薬・有機栽 培をスタート。
現地の人の理解を得るのに長い年月を費やしましたが、10余年の努力を実らせ、ついに世界初「国際有機認証取得・田七人参」を育て上げました。
それでなくてもリスクの高い無農薬栽培を収穫まで数年の歳月を要する田七人参で成功させるのは並大抵ではありませんでした。
それでも細やかな環境配慮のもと、丁寧に育てられた田七人参は、清浄な大地の養分をいっぱいに吸い上げています。
この白井さんの田七人参を主原料とし、オリゴ等やアセロラ、 L-カルニチンなど日頃不足しがちな副原料とミックスさせたのが「ゆうき田七人参ドリンク」、田七人参をそのまま粒状にした ものが「白井田七」です。




白井田七 240粒 ご注文はこちら

白井田七 240粒
内容量:60g(250mg×240粒)
品番:1582_ti




(但し沖縄県を除く)

代引手数料 無料



白井田七人参



*土日、祝日の出荷はお休み



田七人参ドリンク(720ml/本)




チョイス逸品館






ご注文用紙はこちら↑



送料.配送


FAXでご注文

通信販売法に関する表示


トップページ






チョイス逸品館
白井田七激安通信販売店